PMS月経前症候群対策のピルは保険適用にならない

月経前の数日間、頭痛がする、便秘がちになる、下腹部が張るような痛み、乳房の痛みがある、胸が張る、眠気、肌荒れ、食欲の異常、イライラして怒りやすくなる、気分が沈む、など、ホルモンバランスの乱れから様々なつらい症状を起こします。これらは、PMS(月経前症候群)と呼ばれます。

このような、つらい症状ではありますが、PMS(月経前症候群)対策に服用するピルは、保険適用になりません。その理由は、具体的な「病名」がついたものではないからです。

ピル(経口避妊薬)が保険適応になるのか、ならないのかの線引きについては、病気の治療目的なのかどうか、によって決まります。

ピルを保険適用で処方してほしければ、症状のある疾患があること、すなわち、「病名」が必要となります。

生理にともないひどい腹痛がある、出血量が異常に多く貧血ぎみになる、といった、日常生活が困難になる症状があり、「子宮内膜症」や「月経困難症」の病名がつかなければ、ピルの処方に保険適用はできません。これらの病状については、低容量ピルだと効き目が悪いので、中容量ピルが処方されることがほとんどで、低用量ピルが保険適応で処方されることは、まず少ないケースです。ピルとしては認められていませんが、女性ホルモンを補充することで同様の効果を持つ薬、「ルナベル」は、「子宮内膜症」に伴う「月経困難症」の保険治療薬として、日本で認可されているため保険の適用があります。

つらい症状がありながら、PMS(月経前症候群)については、保険適応となりません。なぜなら、「病名」ではなく、生理前の不快な症状全般を指すもので、実際の病名ではないからです。生理前にイライラする、腹痛、眠気、頭痛、眠気、胸の痛み・張り、などの不快症状は、実際の「病名」を持たないからです。生理前の症状ではなく、生理中に、「子宮内膜症」や「月経困難症」といった症状がある場合が、適応の条件なのです。

トップページへ