生理周期の安定にピルの服用と原料について

避妊に失敗してしまった時に用いられるのが避妊薬です。緊急避妊薬としてもとても高い避妊効果が得られる他に生理周期の改善や調整、生理痛の緩和など安定させたい場合にも用いられます。例えば旅行などで生理と重なる場合に楽しい旅行が生理痛などで楽しめなかったり辛い思いをするのは大変です。ピルを服用することで生理痛を緩和したり調整することで安定させることが可能です。またピルには高用量、中用量、低用量、超低用量と分類されており、現在最も人気があり使用されているのが低用量ピルです。低用量ピルの代表薬としてはトリキュラーやアイピルなどが有名ではありますが、その原料についてはご存じでしょうか。トリキュラーはエチニルエストラジオール(Ethinyl estradiol)やレボノルゲストレル(levonorgestrel)を成分としており、バイエルシェリングという海外の製薬会社より販売されているお薬です。またアイピルはレボノルゲストレル(levonorgestrel)を成分とし、ピラマルヘルスケアという製薬会社より販売されております。どちらも病院にて処方が可能なお薬ですが、ネット通販などを利用することで医師の診察を必要とせずに安価で購入できる点から利用する女性も多くいらっしゃいます。しかし手軽に利用できるネット通販においても原料が異なる偽薬を扱う悪徳な業者も存在しておりますので利用する際には注意しなければなりません。まずは通販サイトの利用者の口コミや体験談を見てみて実際の利用者の声を聞いてみることやクレジット決算が可能かなども注意する上でのポイントです。クレジット会社は非常に厳しい審査を行っているのでクレジット決算が可能な場合には、しっかりとした通販会社として判断できる基準にすることが可能です。

トップページへ