ピルを飲むと太るって本当?

ピルは避妊や生理痛、月経過多や子宮内膜症といった女性特有の疾病に対して使われる薬です。薬というものはどんなものでも飲むことで副作用が起こる可能性があるのですが、その中の一つに「ピルを飲むと太る」というものがあります。これは本当なのでしょうか。
ピルを飲んで太ってしまうという理由はいくつかあります。その一つが体調が良くなることで食欲が増進するというものがあります。生理痛や子宮内膜症など、生理のタイミングで激痛が襲うような疾病を持っていた人の場合、痛みがある場合には食事もおろそかになっていたことでしょう。それがピルを飲むことで痛みが軽減されると、食欲も戻ってきます。体調が良くなったことでしっかりと食事が出来るので、太ってしまうというケースがあります。別の理由としては、むくみがあります。ピルには女性ホルモンが配合されていて、血中の女性ホルモンの濃度を妊娠しているのと同じ状態にする働きがあります。妊娠をしていると排卵されないため、その作用を利用して排卵を防いで避妊効果をあげているのですが、妊娠中は身体の中に栄養分や水分を蓄えてしまう働きがあります。そのため食べる量が全く変わらなくても身体が栄養分や水分を蓄えてしまうので太ってしまうケースがあります。もう一つの理由として、ピルに含まれている黄体ホルモンに男性ホルモンの分泌量を増やすというものがあります。男性ホルモンは脂質の代謝に関係し、太りやすくなると言われています。
しかし個人差も大きく、同じピルを飲んでいても太る人や逆に痩せる人もいます。ピルの種類を変えたら元の体重に戻ったという人もいるため、自分にあったものを飲むようにすれば太ることもないという意見もあります。

トップページへ